healthchecks.io でウェブサーバのアップタイムを監視

無料で使えるアップタイムの監視サービス:
Healthchecks.io – Free Cron Job Monitoring.

サーバーの死活監視のみならず、例えばバッチ処理が正常に終了したかどうかなどにも使うことができます。
特定のURLに対してリクエストを送りだけで、さまざまな言語で実装することができ、cronと相性がよいですね。
監視設定(チェック)に対して一つのPing URLが割り当てられます。
また、SlackメールDiscordなどの外部サービスとの連携も可能です。
そして、20監視設定(チェック)+1チェック100ログ+3メンバーまでは無料で使うことができます。大掛かりなものでなければ無料利用で十分対応できると思います。

Ping URL送信〜アラート通知までの流れはだいたい以下のような図です:

Image from Gyazo

アカウント作成〜Ping URLを取得

Ping URLの書式は https://hc-ping.com/xxxxxxxxxxx という感じです。

メールアドレスを登録

Image from Gyazo

Image from Gyazo

すでに作成されているチェック一覧からpingを送るURLを取得

Image from Gyazo

Nameをわかりやすいものに変更する

Image from Gyazo

Image from Gyazo

送信スケジュールなどを必要に応じて変更

Image from Gyazo

Schedule について

  • Period: pingを送る間隔
  • Grace Time: pingが遅れた場合にアラート出すまでの猶予期間

Period が 1day で Grace Time が 1hour の場合:

例えば 1月1日の 0:00 に 最初のpingを送り、
サーバがダウンするなどして、次のpingの送信が遅れてしまい、1月2日の1:00 を超えた場合にアラートが発生することになる(はず)。

pingを送ってみる

curlコマンドでリクエストする場合は以下のとおりです:
(xxxxxxxxxxのところは取得した文字列に読み替え)

ログ一覧

チェック結果ログはこのように表示されます:

Image from Gyazo

毎日 1時8分 にpingを送る

API一覧

API Reference – Healthchecks.io

以上簡単ですが、healthchecks.ioの使い方でした。

Filed under: WordPressの運用Tagged with:

よく読まれている投稿

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.