WordPressで画像を一括変換するバッチ (1) 環境構築とテストデータの準備

Image from Gyazo

WordPress と wordplate を使って開発環境を作って、
画像を一括変換するバッチを開発する流れのメモ。

事前準備

  1. PHP >= 7.1.3
  2. composerが必要です。
  3. imagemagick と mariadb が必要ですので Homebrew でインストールしておきます。
  4. WordPressはWordPlateを利用して構築します。

概要

  • 画像を変換するバッチはWP-CLIのコマンドとして実装します。
  • gen-dummy-images.sh
    • テストヘルパーコマンドです。ダミー画像を生成します。imagemagickを利用します。
  • wp bulk-convert-images register-testdata
    • テストのためにダミー画像をメディアに登録するサブコマンドです
  • wp bulk-convert-images convert
    • 変換処理のサブコマンドです

WordPlateで開発環境を作ります

WordPlate プロジェクト作成

カレントディレクトリにプロジェクトフォルダとボイラープレートを作ります:

プロジェクトフォルダに入ります:

wp-cli/wp-cli インストール

WP_CLI_Commandクラスを使いたいので composer で wp-cli/wp-cli をインストールします:

coreコマンドとか使いたいので追加のコマンドのパッケージを入れます:

wpコマンドの確認:

DBを作ります

mysqlサーバを動かしておきます(適宜):

DB作る:

DBができたか確認:

もけー

WordPlateの .envファイル を編集

WordPressをコマンドでインストール:

以下のコマンドを実行することで、WordPressのインストール初期設定画面をスキップすることができます。

ウェブサーバを動かしておきます:

WordPressのログインURL:

WordPressにログイン

Image from Gyazo

ログインできるか確認しておきます。

画像変換バッチのフォルダ準備

プロジェクトフォルダに入り、 bulk-convert-images-cli フォルダ を作る

バッチのコードは bulk-convert-images/bulk-convert-images-cli に書いていきます。

テスト用画像を生成するシェルスクリプト

bulk-convert-images-cli/test/helper/gen-dummy-images.sh

生成画像は bulk-convert-images-cli/test/helper/images に配置されます。

実行してみる:

よさそう。今回はここまでです。
次回は、テスト画像をメディア登録して、実際に変換処理を行なうPHPを書いていきます。

参考

Filed under: コマンドラインTagged with: ,

よく読まれている投稿

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.