コマンド操作に不慣れな人向けの説明

当サイトで使用している表記についての説明です。
Mac、あるいは Linux に偏った説明です。Windowsの場合は Gitbash を使うことを想定しています。


コマンドをどこで実行すればよいの?

一般的には 「ターミナル」、「ターミナルエミュレータ」、あるいは「コンソール」と呼ばれるソフトウェアを立ち上げて、そこで実行します。
OSによっていろいろあります。

  • Mac: ターミナル (Terminal)、 iTerm2
  • Linux: Gnome
  • Windows: GitBash

※ Macのターミナルは最初からインストールされていて、 アプリケーションフォルダ ▷ ユーティリティフォルダ の中に配置されています。


コマンド表記について

本文では コマンドの実行例を示す表記がたくさんでてきます。
例えば以下のようなものです。

$(ドル記号)が頭につく行は それに続くコマンドを実行することを意味しています。
このドル記号のことをコマンドプロンプト(コマンド入力が可能な状態)と呼びます。
これは、使用するシェルやターミナルソフトウェア設定により変化しますが このサイトでは、$で統一しています。

実行環境表記

プロンプトの前にある [local] は、そのコマンドをどの環境で実行するかを示しています。
以下のようなケースがあります。

  • [local] ▷ ローカルPC環境 (WindowsとかMacとかのことです)
  • [vm] ▷ ローカルPCの仮想マシン(vagrantなどで立ち上げた環境のこと)

実行環境表記は、実際にターミナルでは表示されません。あくまでもコマンド表記をわかりやすくするため便宜的に付加した情報です。


パス(Path)表記

パスは、PCやサーバー上のファイル/フォルダの存在場所を特定するための情報です。
以下は cdコマンド(Change Directory)を使って、カレントパス(現在参照しているパス)をルートに移動させる例です:

パスは大きくわけると:

  1. 絶対パス:
    • スラッシュ(/)から始まるパス。ルートパスからみたファイルの位置。
      • / (ルートパス)
      • /c/Users/yourname/ (CドライブUsersフォルダyournameフォルダ)
  2. 相対パス:
    • スラッシュから始まらないパス。現在のパスからみた相対的な位置。
      • ./(現在のパス)
      • ../(親フォルダ)
      • a/b/(現在のパスからみた aフォルダの中のbフォルダ)

があります。
パスの最後にスラッシュが付与されたリソースの場合は、フォルダ(ディレクトリ)であることを意味します。

  • /a/b/ (ルートパス ▷ aフォルダ ▷ bフォルダ)
  • /a/b (ルートパス ▷ aフォルダ ▷ bフォルダ または bファイル

フォルダは、ディレクトリと呼ぶこともあります。


URL、URI

パスを同一PC(あるいはサーバー)の中のリソース(ファイル/フォルダ)を特定するための情報だとすると、
URLは、ネットワーク越しの、複数台のPC/サーバー上のリソースを特定するための情報です。

Filed under: コマンドラインTagged with:

よく読まれている投稿

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.